ケミカルピーリングは、皮膚に化学薬品を塗布し皮膚を剥がし肌の生まれ変わりを期待できる治療です。

今や日本のみならず世界中で多くの方が実践しています。

日本でもエステサロンや皮膚科など様々な所で試すことが可能です。

しかし、新たな肌トラブルに悩まされることなく効果を実感したいのであれば、技術力の高い医師が治療を行ってくれる皮膚科で試すことをおすすめします。

ピーリングの効果とは?

ケミカルピーリングを行うことで毛穴に詰まった皮脂を効率よく除去することができると言われています。

そのため、繰り返しできてしまうニキビで悩んでいる方にもおすすめです。

さらに肌のターンオーバーを整えてニキビのできにくい肌へと導いてくれたり古い角質を取り除き毛穴の詰まりを改善することにもつながります。

現在、数多くのピーリング剤が用意されているので、自分の肌に合ったものを選び治療を受けることが可能です。

皮膚科のピーリングはどうやるの?効果は?

ケミカルピーリングを行う際には、フルーツ酸の一種であるグルコール酸などを皮膚に直接塗っていきます。

古くなってしまった角質を融解して剥がし除去する効果を期待できます。

ニキビの改善に役立つだけでなくシミやくすみなどにも嬉しい効果をもたらしてくれます。

また、肌の老化を防げるのも嬉しい点と言えるでしょう。

20代半ばから肌の老化が進んでいき、シミやシワなどの悩みが増えてしまう方がほとんどです。

これは、加齢が原因となって引き起こされますが、効率よく改善するためには古くなってしまった角質を取り除き肌に潤いを与えてあげることが大切です。

専門の皮膚科医に相談して治療を行うことで自分の肌に合ったピーリング剤を使用して治療を受けることが可能なので、高い効果を実感できるだけでなく肌トラブルに悩まされてしまうリスクを軽減することができるでしょう。

皮膚科のピーリングの費用の相場とデメリットは?

皮膚科でのピーリングは美肌を手に入れたい方におすすめの治療となっていますが、気になる値段の相場は1回5,000円ほどです。

(治療部分によって値段に違いがあります。)

症状の度合いにもよりますが一度だけの治療よりも繰り返し治療を受けることで効果を実感することができますが、回数によって値段に大きな差が出るので結果的に高額になる可能性があります。

また、皮膚が弱い人にとっては皮膚科でのピーリングは肌を傷めてしまうことがあります。

赤く炎症をおこした状態が数日続くこともあるのがデメリットといえます。

そのようなデメリットを避けたい場合は自宅でのピーリングをおすすめします。

皮膚科医が開発したの角質ケアローションは、皮膚科のピーリングと違って肌を剥がすことなく行えるのが特徴です。

皮膚を剥がさないのでもちろん痛みなどもありません。

ピーリングの有効成分を肌に浸透させて肌の正常なターンオーバーを促進してくれます。

毎日のスキンケアの中に取り入れるだけで簡単にピーリングの効果が得られるのでおすすめですよ。

ドクターシムラ角質ケア化粧水の30日間使用レビュー」で詳しくレビューしていますので良かったら参考にしてみてくださいね。